Mix Liberty

契約ライターによる多ジャンルブログです。様々な話題を混ぜて自由に書かせてもらってます。少しでも皆さまの暇つぶしになれるよう一生懸命暇を潰していきますのでよろしくお願いします。ふらっと来て頂ければ幸いです。

日用品で絨毯を簡単に劇的にキレイにする裏技

新年度が始まり、新生活が始まった方も多いのではないでしょうか。初めての一人暮らしを経験される方もいらっしゃるでしょうね。今はキレイな部屋も数日もすればホコリがたまります。部屋をキレイにたもつって本当に大変なんですよ。

 

 

 

中でも床や絨毯は最もホコリがたまる場所です。それに、すぐにホコリがたまり、あっと言う間に部屋が汚れて見えてしまいます。毎日、毎日、その上を歩くわけですから、当然と言えば当然ですよね。逆に言えば、床や絨毯がキレイであれば、部屋全体がキレイに見えるということです。

 

急な来客があっても恥ずかしくないように、床や絨毯は常にキレイにしておきたいものです。しかし、経験のある方なら分かると思いますが、絨毯の掃除って意外と大変なんですよね。掃除機をかけてもなかなか思うようにホコリを吸い取らなかったり・・・・・・。力尽くで掃除機をゴシゴシとかけている人もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

絨毯は、粗く固い毛足に髪の毛やホコリが絡まってしまって、掃除機をかけるだけでは取り除くことが難しいのですよね。なんとか楽に、簡単に、キレイにする方法はないものでしょうか・・・・・・。

 

そこで、今回は絨毯をキレイにする方法をお教えしましょう。ご用意いただくものは、ゴム手袋です。新しいモノでも、古くなったものでも結構です。なるべく自分の手にフィットしたものをお使いください。

 

では、早速実践してみましょう。まずは、ゴム手袋を手にはめて、絨毯に円を描くようにゆっくり擦ってください。そのとき、力を入れることなく軽く擦ってみてください。こうするだけで、絨毯に絡みついた髪の毛やホコリが浮かんできます。

 

それから掃除機をかければ、今まで取り除くことができなかった髪の毛やホコリが見事になくなります。とくに毛足の長い絨毯は、一度奥の方にゴミが入ってしまうと厄介ですよね。しかし、この方法なら毛足の長い絨毯にも十分効果が出ます。

 

どうでしょう? これなら洗剤や薬品を使うこともないので、絨毯を傷める心配も、色変わりの心配もないですよね。

 

しかし、積年の汚れが溜まっているような場合、この方法でも除ききれないホコリもあるかもしれません。そのような場合は、ゴム手袋よりも歯ブラシタワシが有効です。

 

タワシや歯ブラシで絨毯の毛足を擦ってみてください。ゴミやホコリが表面に浮かびあがってきます。目に見えるほど浮かびあがってきたら、掃除機をかけましょう。驚くほどキレイになりますよ。

 

ただし、タワシの場合は、かなり硬いので、絨毯そのものを傷つけることのないように、ご注意ください。まずは、絨毯の目立たないところで試して、傷が付かないことを確認してから実践してみてください。

 

ただし、常日頃から部屋をキレイにたもつ習慣を付けることが一番のいいのですがね・・・・・・。