Mix Liberty

契約ライターによる多ジャンルブログです。様々な話題を混ぜて自由に書かせてもらってます。少しでも皆さまの暇つぶしになれるよう一生懸命暇を潰していきますのでよろしくお願いします。ふらっと来て頂ければ幸いです。

ハングマン

2015年製作、アメリカのスリラー映画。 

監督・脚本はアダム・メイソン。これ系の映画ばかり関わっています。

 

 

 

主演は『ショーン・オブ・ザ・デッド』のケイト・アシュフィールド、お歳をとりましたね。

 

警察への通報電話のやり取りから始まります。

警察「警察です」

女性「家の中に誰かいるみたいで……」

そして、叫び声と共に電話が切れます……怖そうですね。

 

暗視カメラの撮影シーンが流れます。体を吊されてユラユラ揺れる人の姿。音声には赤ん坊の泣き声がします。イヤだな~

 

そして、血を流している女性が横たわり、うめき声を上げています。ホラーですねぇ。すると犯人は、その女性を何度もナイフでメッタ刺します。

 

場面は、いきなり晴天の昼間の空港にターンします。手持ちカメラが、ある家族を映しています。この映画、犯人の手持ちカメラのみで撮影したPOV映画なのですね。なので視点はすべて犯人のもの。悪趣味な映画です。

 

犯人は空港の駐車場で、車から降りたメラー一家がエレベーターに乗るのを見届けると、乗ってきた乗用車のドアを開け、カーナビから住所を割り当てたようです。次のターゲットはこの家族のようです。これはあり得そうで怖いですね。

 

犯人はそのメラーの家に向います。住宅街の立派な邸宅です。犯人は昼間から堂々とガラスを割って家に侵入し、家の中を物色します。そして、カメラを何台か家の中に隠し撮影を続けるようです。

 

2週間後、帰宅した家族は家の荒れように驚きます。すぐに警察に連絡をしますが、その様子もすべて隠し撮りされています。警察が来ましたが、誰もいないことが分かると、帰ってしまいます。

 

夜間、犯人が動き始めます。家の中で隠れていたようですね。犯人は家の中を見て回ります。しかし、何も行動を起こしません。

 

翌日、夫は仕事へ、子どもたちは学校へ行き、妻一人が家に残ります。しかし、家の中が気になってしょうがない様子です。夜、また犯人は家の中を物色し始めます。

 

メラー家に修理業のミゲルがトイレの修理中に隠しカメラを発見します。すると犯人が現われ、ミゲルを殺します。犯人は妻の出勤の後を追い、撮影を続けます。

 

長女のマーリーがデートに出掛けるのまでを犯人は追います。そして、カメラで撮影しているのを見られてしまいます。犯人の行動はどんどん大胆になっていきますが、長い。

 

マーリーとデートをしているコリンをナイフでメッタ刺しして殺してしまいます。

 

とうとう犯人は行動に出ます。まず夫のアーロンを殺します。そして、妻も……。

 

再び、空港の駐車場。また一台の車が入ってきます。また惨劇が繰り返されるのですね。犯人視点という、ちょっと特殊なPOVでしたが、メラー家の滞在ビデオが長過ぎて、ちょっと飽きてきます。

 

 

ハングマン [DVD]

結局、犯人の意図も正体も分からぬままでしたが、まあ、こういう主旨の映画なのですね。1回観れば充分です。