Mix Liberty

いろんなジャンルの話題を混ぜて自由に書かせてもらってます。少しでも皆さまの暇つぶしになれるよう一生懸命暇を潰していきますのでよろしくお願いします。ふらっと来て頂ければ幸いです。目に優しいグリーン系を基調としています。

MR. ROBOT S2E1『仮面』前編

『MR. ROBOT』のシーズン2です。シーズン1では、クリスチャン・スレイターの意外な正体が分かり驚いた状態で終わりました。 

シーズン2では既にMR. ROBOTの正体は分かっている訳ですが、はてさて、一体どのような展開を迎えるのでしょう。

 

 

初回は、前編と後編の2本立てとなっています。

 

舞台はファン・ソサエティ・アミューズメントというゲームセンターから始まります。そこはFソサエティの基地でもあります。そこにタイレルとエリオットがいます。エリオットは“計画”を実行します。

 

過去の回想シーン。少年エリオットが雪の上で倒れます。頭からは血が流れています。両親が駆けつけます。

 

ここまでが前フリ。オープニング曲に合わせ、エリオットの日記が映し出されます。そこには『赤い手押し車』と書かれています。

 

エリオットは母親と一緒に暮らしています。テレビではオバマ大統領が、経済テロの首謀者をFBIが特定したと言っています。犯人はタイレル・ウェリックとFソサエティと断言しました。いきなり本物のオバマ大統領が登場し、ちょっとビックリ。それにしもエリオットはどえらいことをやってしまいましたね。

 

エリオットは、治療のため、週2回教会に行ってグループセラピーを受けています。さらに日記も付けることで毎日同じことの繰り返しの生活を行い、正気を保っています。

 

それでもMR. ROBOTは現われます。そして、再びエリオットの頭を銃で撃ち抜きます。しかし、今度はパニックを起こすこともなく冷静でいられます。

 

Eコープの法務顧問スーザン・ジェイコブは、コンピュータに管理された豪華なスマート・ハウスに住んでいますが、家中がエラーを起こしてんてこ舞いです。もうホラー映画のような勢いです。すべてがコンピュータ管理というものも考えようですね。スーザンは、やむを得ず別の住居に移ります。

 

ところがこれは、Fソサエティたちが仕組んだ罠だったのです。ここを乗っ取ったのです。

 

エリオットのもとに、オールセーフの元社長ギデオンが訪れます。MR. ROBOTはそれを見守るようにエリオットの横でリンゴをむさぼりながら、会話の邪魔をします。ギデオンはエリオットに助けを求めますが、エリオットはそれを拒みます。

 

それに逆上したギデオンは、FBIにエリオットの情報を流すと脅します。しかし、エリオットはMR. ROBOTの存在が気になって会話に集中できません。エリオットは幻覚に振り回されてしまいます。

 

日々のルーチンを守って正気を保とうとするエリオットですが、相変わらずMR. ROBOTは現われ、ギデオンが密告するはずだと脅しにきます。

 

エリオットは呟きます。

「仮面がもはや自分の一部になってしまっている。いったいどうやって脱げばいいんだ」

エピソード・タイトルの仮面とは、MR. ROBOTであり、自分でもあるのですね。シーズン1を観ていない人にとってみれば、意味不明な作品です。

 

スーザンの家では、Fソサエティたちバカ騒ぎをしていますが、ダーリーンだけは浮かぬ顔でいます。そして浮かれている連中の前で、スマホを踏みつぶし、「これは戦争だ。そして、自分たちは負けかけている」と。Eコープを完全に潰すまで勝利はない、と鼓舞します。

 

Eコープ銀行では、システムがハッキングされ、すべて凍結状態になります。それを行なったのは、Fソサエティのモーブリー、590万ドルの身代金を要求してきました。それを幹部の一人に運ばせることを条件としています。

 

CEOのフィリップとスーザンは、身代金の受け渡しに応じることにします。そして、CTOのスコットが自らその運び役を買ってでます。

 

後編へ続きます。