Mix Liberty

いろんなジャンルの話題を混ぜて自由に書かせてもらってます。少しでも皆さまの暇つぶしになれるよう一生懸命暇を潰していきますのでよろしくお願いします。ふらっと来て頂ければ幸いです。目に優しいグリーン系を基調としています。

武器人間

武器人間 [DVD]

 

 

2013年、オランダ・アメリカ・チェコ合作のホラー映画。

 

 

監督、リチャード・ラーフォースト……存じません。

 

主演、カレル・ローデン、『15ミニッツ』、『ブレイド2』、『ボーン・スプレマシー』などで、よく悪役として拝見させていただいています。今作の役柄は、ヴィクター・フランケンシュタイン3世ということで、かの有名なフランケンシュタイン博士の末裔で、マッドサイエンティストを演じます。

 

戦時中、死体とマシンを合体させた兵士を誕生させるというトンデモ映画です。まあ、スゴイ映画でした。よくぞ作ってくれました、と感心します。仮面ライダーのショッカーをリアルにしたって感じですね。

できれば、これを参考に、超・リアル版仮面ライダーを製作して欲しいものです。

子供は観ることできないと思いますが……。

 

舞台は、1945年第二次世界大戦末期の東ヨーロッパ。ソ連軍の偵察部隊がナチス・ドイツの占領地域へ。

 

大量虐殺が行なわれたとおぼしき古びた教会、さらにその地下には迷路のような通路が張り巡らされています。そして、不気味な研究室が……。

 

そして、ロボットとも怪物とも言えない、ぶっ飛んだキャラクターが出て襲い掛かります! ギャーッと思いきや、意外とそいつら弱いんです。そう、見た目よりもポンコツ状態なのです。しかし、その見た目のインパクトは、その場にいた者なら、確実に腰を抜かす強烈さです。このポンコツ軍団の武器は見た目なのかも知れません。

 

それでも、数が多ければ、やはりそれなりの脅威で、偵察部隊のメンバーは徐々に減っていきます。

 

やがて、その怪物たちの真相が分かるわけですが、そこは武器人間製造工場だったのですね。フランケンシュタイン博士3世が創造した禁断のモンスターだったのです。どのような動力で動くとか、エネルギー源は何だとかのツッコミは度外視して、その狂気の様を観るための映画なのです。

 

考えてみれば、子どものたちのヒーロー、仮面ライダーだって、人間とバッタを合体させたわけです。『仮面ライダー』と『武器人間』の違いは、手術過程を見せるか見せないか、内臓や血しぶき、もぎ取れた体のパーツを映すか、映さないか、だけのことなのだから、ツッコんじゃダメな映画なのです。

 

理屈を求めず、グロさだけを楽しむ映画だと思ってください。

 

とりあえずは、かなりのトンデモ映画です。