Mix Liberty

契約ライターによる多ジャンルブログです。様々な話題を混ぜて自由に書かせてもらってます。少しでも皆さまの暇つぶしになれるよう一生懸命暇を潰していきますのでよろしくお願いします。ふらっと来て頂ければ幸いです。

シックス・デイ

2000年、アメリカ映画。

監督は、ロジャー・スポティスウッド。『007トゥモロー・ネバー・ダイ』、『ストリートファイター』など、アクション映画を得意とした監督さんです。

 

 

 

主演アダムを演じるのは、アーノルド・シュワルツェネッガー。

 

脇を固めるのは、ロバート・デュヴァル、トニー・ゴールドウィンなどです。

 

オープニング・スーパーで、タイトルの『シックス・デイ』の説明と、近未来の記事が流れます。

「神は6日目に人間を創った。創世記1:27:31」聖書からの引用です。

 

その後、クローン人間失敗のニュース記事等が流れ、「6d法」成立との記事が流れます。その内容は人間の複製禁止というものです。

 

ここでタイトル。The 6 day ではなく、The 6th dayですね。日本人には、6thの発音は難しいので、『シックス・デイ』にしたのでしょうね。

 

アメリカンフットボールの試合の場面から始まります。近未来のフットボールは、ヘルメットにシードルが付いており、そこに情報が映し出されるようです。その試合で悲劇が、選手の一人ジョニーがタックルを受けて、首の骨を折り倒れます。

 

至急救急車で運ばれますが、チームの指令でマネージャーは、植物状態になりかねないジョニーの生命維持装置を止めてしまいます。生涯選手として契約した選手が植物状態になってしまっては、チームにとっては損害だからです。

 

場面が郊外の一軒家に変わります。シュワちゃん演じるパイロットのアダムが鏡に映るニュースでは、昨夜首を折った選手ジョニーの出場が可能になった、と報道しています。

 

アダムの家で飼っている犬のオリヴァーが伝染病にかかり、法律で処分しなければなりませんが、妻からはリペットで複製しようと言います。しかし、それに反対するアダム、伏線が上手に撒かれています。

 

山間のヘリコプターのシーンは頂けませんが、その他は、ここまでの近未来感がいいですねぇ。ぶっ飛ぶほどの未来感ではなく、あり得そうなほどよい未来感が身近に感じます。

 

勤務先のヘリポートに着くと、ロードランナーズのオーナーVIPのドラッガーを乗せるため各種検査が必要とのことで、血液検査、視力検査が行なわれます。こちらも伏線となっています。

 

本来は、アダムがドラッガーを乗せていく予定でしたが、アダムはリペットに行くため、ハンクに操縦を任せます。ヘリコプターが山頂に辿り着くと、バンダナ男トリップが撃ってきます。

 

そこで映像が一旦停止し、場面は街の中に……。ここも伏線になります。とても上手に仕上がっています。

 

リペットに行くタクシーで目を覚ますアダムですが、何か変な様子。フラッシュバックのようなシーンが何度も浮かびます。近未来もイエローキャブというところがいいですね。

 

アダムはモールでのリペットのセールスの話を聞くシーンで、若干かみ合わない会話、これも伏線になっています。また、シュワちゃんならではのセリフが粋です。

 

気になる人間型ドールと呼ばれる人間ソックリのロボットを娘のために買い、タクシーに乗り込みますが、このお人形、なかなかの不気味感満載で、これも伏線か? と思いきや、この件は何もありませんでした。

 

アダムが家に着くと、なんともう一人の自分がいます。そして、呼び止める男女が、「あれはあなたのクローン、6d法が破られた」と伝えます。そして、クローンを生かすために、アダムを殺そうとします。

 

その後、キャディラックの旧車で逃げるシーンもいいですね。激しいカーチェイスの末、アダムは谷に飛び込みます。そして、逃げ延びて警察署に行くのですが、クローン・アダムに先を越されて、拘留されてしまいます。しかし、まんまと警察署を抜け出し、同僚のハンクの家に逃げ込みます。

 

ハンクの家にいたデジタル彼女は『ブレードランナー2049』のジョイと同じですね。もしやこちらがオリジナル?

 

アダムはクローンを殺そうとしますが、できません。実は、クローンは自分がクローンと理解できていないようです。このあたりで話がややこしくなってきます。

 

ハンクの家に戻った二人ですが、突然ハンクが撃たれます。撃ってきたのはスキー場にいたバンダナの男トリップ。男は車で逃走しようとしますが、事故で瀕死の状態。そして、アダムに言います「ハンクは今日、オレが殺した。さっきのアダムはクローンだ、ドラッカーもすべてウィアー博士が複製した」と。

 

アダムは真相を確かめようと、ウィアー臓器移植研究所に乗り込みます。そして、博士の元へ行くと、いとも簡単に博士は今までのことを白状します。

 

一方、家族がドラッガー一味に捕まり二人のアダムが家族を追いかけます。なかなかややこしい件です。

 

ここでトータルリコール的などんでん返しがあります。

 

観客側はアダム本人にもコピーアダムにも愛着が沸きだし、最後はどのような結末を迎えるのか、心持ち不安になってきますが、とても上手にまとめてくれました。

 

上手い脚本で、伏線を上手に回収し、すっきりした結末でした。ぶっ飛んだ未来感もなく、クローンというパンドラに真正面から取り組んだ、いい映画でした。現代だからこそ、観るべき映画だと思います。

ロジャー・スポティスウッド監督の他の代表作品です。↓

 

トゥモロー・ネバー・ダイ (アルティメット・エディション) [DVD]

 

氷の上のふたり [DVD]