Mix Liberty

いろんなジャンルの話題を混ぜて自由に書かせてもらってます。少しでも皆さまの暇つぶしになれるよう一生懸命暇を潰していきますのでよろしくお願いします。ふらっと来て頂ければ幸いです。目に優しいグリーン系を基調としています。

ニード・フォー・スピード

2014年、ビデオ・ゲームを元にしたアメリカ映画。監督は、『ネイビー・シールズ』のスコット・ワウ。

 

 

 

主演は、トビーを演じるのがアーロン・ポール。正直、脇を固める方が主役級なので、こちらの役者さんは主役級ではないので、初めは珍しさ見たさで観ていましたが、終盤は非常に良かったですね、かなり惹かれました。

 

で、その脇ですが、まずトビーの宿敵ディーノを演じるのは、『マンマ・ミーア!』、『プリーチャー』のドミニク・クーパー。『Mr. ROBOT』のラミ・マレック。そして、“デレオン”というレースを主催する謎の富豪DJモナークに、大名優マイケル・キートン。

 

『ビートル・ジュース』、初代『バットマン』シリーズ、『バードマン』のマイケル・キートンのような格違いの名優が出演していると、それだけで映画って引き締まるんですよね。

 

ラジオDJモナークが自分で主催するレース“デレオン”について語っています。優勝者には、参加車を総取りする権利があるという、リスクもデカいが、報酬もデカいレースです。

 

舞台は、ニューヨーク州郊外のマウントキスコという田舎町。本当に田舎です。若者たち集うドライブ・シアターでは、スティーブン・マックイーンの『ブリッド』を流すなど、粋な計らい。やっぱり、車って若者にとってはステイタスなアイテムなんですね。

 

父を亡くしたばかりのトビー(アーロン・ポール)が、仲間たちと、“デレオン”に対して熱く意気込みを話し合っているところに、ベンツ500SL、ディーノ(ドミニク・クーパー)の登場です。

 

その夜、街中レースが行なわれ、若者たちは車を疾走させます。なかなかの迫力あるシーンではありますが、車が古い車がたった3台なので、リアル感が物足りません。広い通りから街の中の路地裏の道を駆け抜けます。運転するキャストもときおり映りますが、なんとなくオーラのないキャストのせいでしょうか、ゴール後も盛り上がりませんね。演出の問題か、出演者の器の問題か、『ワイルド・スピード』と比べることはできません。

 

レース後、ディーノがやってきて、マスタングの改造を依頼します。やはりドラマの主役を背負ってきた貫禄のせいか、画が引き締まります。また、このときにチラッと見えるフィン役のラミ・マレックもほんのわずかな瞬間なのですが、惹かれます。やはり主役を張れる役者は(オーラを)持っているということなのでしょう。だから、本作の主役アーロン・ポールが食われっぱなしなのでしょうか。

 

翌朝届いたのは、エンジンむき出しのムスタング。そして、時は経ち、甦ったマスタングはお披露目会に! しかし、マンハッタンのセレブたちは、仕上がったマスタングを褒めても、作った整備士に対しては、冷ややかです。

 

そのお披露目会で、あるセレブから、このマスタングが370km出せれば買うと約束を受ける。翌日、それを達成します。

 

しかし、ディーノはトビーが勝手に出した記録に満足いかず、レースを申し込みます。トビーとディーノ、そして、トビーが弟のように慕うピートの3人は、公道でレースを始めます。ただ、なんでしょうね、二百キロ以上出ての一般道でのレース・バトルの割には、緊張感がないんですよね。撮影手法に問題があるのでしょうか? っていうか、その速度で、かがみながらバックミラー見つめて、にやける余裕があるのか? 

 

ディーノは走行を邪魔するピートの車にワザと接触します。ひらりと舞い上がるピートの車……殺人でしょ! 炎を上げて公道を転げ回るピートのレース・カー、そして彼は、亡くなり、トビーは捕まります。しかし、ディーノはアリバイをつくって、車は盗まれたものでレースには参加していない、と言って逃げ切るのです。

 

2年後、トビーは仮出所し、復讐のためマスタングで“デレオン”に出場します。ディーノもある投資家から500万ドルの資金を援助され参加します。

 

昔の仲間が集まりますが、フィンは抜け、ITサラリーマン生活。すんなり仲間に加わろうとはしませんが、ビートの走りをみているうちに気持ちが入れ替わります。このフィンのキレっぷりが爽快です。この人にぴったりの役柄ですね。そして、レース場までの道のりはかなり見応えがあります。

 

無事レースの受付を済ますも、ディーノの手下によって、マスタングは大破! 車を失ったビートはディーノのガレージから車を盗み出し、レースに参加します。その車は、ピートを死に至らしめた車でした。

 

いよいよ翌レース当日、6台の車が集まり、公道レースが始まります。不認定レースでありながら、その模様はネットで実況中継され、世界中が注目しています。前半のレース・シーンがウソのように迫力ある映像が撮れています。撮影監督が別人なのでしょうか?

 

なかなか迫力のあるレース・シーンから離脱車が続々出て、最終的にはビートとディーノの決戦となります。DJモナークの「これはもはや決戦だ! 戦いだ!」という言葉が印象的です。

 

そして、レース終盤、ディーノは、車をビートの車に……。

 

レース後、灯台を眺めながら一筋の涙を流すビート……この映画の中で、最も心が揺さぶれるシーンでした。序盤は、おいおい大丈夫か? と思ったアーロン・ポールも受け入れられるようになりました。

 

時間の無い方は、最初の40分は早送りでいいかも知れません。

 

男ならば観るべき映画……の一つを、見つけてしまいました。