Mix Liberty

契約ライターによる多ジャンルブログです。様々な話題を混ぜて自由に書かせてもらってます。少しでも皆さまの暇つぶしになれるよう一生懸命暇を潰していきますのでよろしくお願いします。ふらっと来て頂ければ幸いです。

クライムダウン

 

 

2011年製作のイギリス映画。

 

観賞直後の感想は、「あれ? わたしゃ、いったい何の映画を観ていたんだ?」と狐につままれるような感じでした。と、申しますのは、映画の前半と後半のネタブレが大きすぎるといいますか、ストーリー展開の差が開きすぎて、映画を数本分観たような気分なのです。得したのか、損したのか……。

 

想像していた展開と、あまりに開きがありすぎ、映画のテーマが存在しないまま観終わってしまったようでした。

 

 

監督は、ジュリアン・ギルビー、日本ではほとんど馴染みのない方です。

 

主演は、『トライアングル』、『30デイズ・ナイト』のメリッサ・ジョージ。

 

物語前半は、クライム・サスペンスとでもいいましょうか、山登りの恐怖と危険を描いています。若者三人が、難所と思われる山肌登山を目指します。登山の最中、エドが大きなイヌワシを発見し、それをカメラに収めようとしていると、足を滑らせ、落ちてしまいます。

 

しかし、命綱となるロープのおかげ宙吊り状態のまま、プロ・クライマーのロブのおかげでなんとか助かりますが……この件いるか? 観終って思ったのは、正直、上映の時間をかせでいるだけだろ! って。

 

そして、3人はジェリーとアレックスが滞在する山小屋に到着します。翌日、悪天候を理由に、ロブは計画を変更することにします。ロブが選んだのは、重装備なしで進むことができる歩行ルートでした。

 

5人で進む歩行登山。昼食後、エドは用を足すため林の中に入っていきます。すると、人の悲鳴を聞きます。声のする方に進んで行くと、地面に呼吸用パイプが突き出しているのを発見します。

 

ここから話が急展開します。前半の登山シーン、まったくいらねぇじゃん! って思うくらい急にです。

 

慌てて掘り返してみると、木箱が見え、中には少女が生き埋めにされていたのです。少女の名前は、アナ。誘拐されたセルビア人です。助けを呼ぼうにも、ここは深い山の中、最短の村まででさえ、25キロあり、さらに電話は50キロ先までいかないと通じない……いや、無線持ってけよ! と、ツッコミたい気持ちを抑えます。

 

しかし、ロブは『悪魔の壁』と呼ばれる垂直の壁を越えれば早く着くといいます。オイ、オイ、25キロは、壁を登ろうが、滑ろうが、25キロだろ! って、またツッコミたい心を制御します。

 

ロブはアリソン(メリッサ・ジョージ)を連れて『悪魔の壁』を越えることに、残った四人は、そのまま歩行で村を目指すことになります。

 

ロブとアリソンは、『悪魔の壁』に登り始めますが、プロ・クライマーのロブはロープが切れて落下、死亡。実は上で何者かに切られていたのです。

 

次にアリソンは上から落ちてきた石があたり落下、しかし、運良く川に落ち助かりますが、気絶。その後、残った四人と出会うことができました……なんのために『悪魔の壁』に挑んだことか……。

 

そして、アナを誘拐したと思われる二人組の男にジェニーが撃たれます。残った四人も必死で逃げますが、途中エドが斜面から転げ落ち、足を骨折。さらにアレックスも撃たれ死亡。

 

アリソン、アナ、そして足を骨折したエドの3人は、村に逃げ込み、警察署へ。しかし、その村にはすでにアナを引き取るために、別のギャング団が来ていました。役立たずの警官のせいで、追ってきた男は狙撃してきます。結局、エドも撃たれ、死亡。なんだかんだで村は銃撃戦に!

 

っていうか、山関係ないじゃん? という映画でした。

因みに本題は、“A LONELY PLACE TO DIE”『死ぬには寂しい場所』みたいな感じです。