Mix Liberty

契約ライターによる多ジャンルブログです。様々な話題を混ぜて自由に書かせてもらってます。少しでも皆さまの暇つぶしになれるよう一生懸命暇を潰していきますのでよろしくお願いします。ふらっと来て頂ければ幸いです。

イット・フォローズ

2014年製作、アメリカ映画。

 

夜が始まろうとするのどかな住宅街、ある一軒の家から一人の若い女性が飛び出してきます。彼女は周りに耳を貸さず逃げ惑います。挙げ句の果て、彼女は車で逃走し始めます。そして、辿り着いた砂浜で座り込んでいると、父親から電話。彼女は、泣きながら「愛している」と伝えます。

突然、場面は早朝、彼女が砂浜で右足をおかしな方向に曲げられ倒れているシーン。ゲッとどん引きます。猟奇殺人か?

 

舞台は変わって、自宅のプールで優雅に泳ぐ若い女性、名前はジェイ。垣根の向こうには、彼女を見つめる二人の男。彼女はプールを上がって部屋に入ると、姉と友達がビデオ観賞。ストーリーには関係なのですが、ここで友人の一人が手にしている電子書籍端末が、『ひみつのアッコちゃん』のようなコンパクトのような形……欲しくはないけど実物を見たい。

 

ジェイはその後、ヒューとデートで映画館に行くのですが、ヒューには黄色い服の男の子が見えるが、ジェイには見えないなんてことがあって、映画が始まる前に退散。この辺りでオカルト感が生まれます。

 

そして、ある夜デートを重ね安心しているところ急にヒューはジェイに睡眠薬を嗅がせ、気を失わせます。ジェイはどこかの廃ビルの中で車イスに縛り付けられた状態。ヒューは「ごめん」と言いながら、あることを伝えます。

 

「あるモノを君に感染させた、それは他人に姿を変える」……はあ? すると、ヒューは「来た」と言って、ジェイを線路の見える場所に運びます。人のような姿の何かがゆっくりと近づいてくるのが見えます。コワコワ……。ヒューが言うには、「ヤツは動きは鈍いが、頭はいい」そして、「逃げ切れよ」と残し、彼女を家の前に降ろします。

 

ヒューはジェイに、あの変なモノを見せたかっただけなのですね。

 

その後、ジェイは大学の講義中に奇妙な老婆に追われ、姉や友達に相談します。そうして、友人のポールがジェイたちの家に泊まることになりますが、このポールという男が弱々しい見栄えで……ちょっと、いや、かなり心配。

 

不安は的中します。窓ガラスが割られ、幽霊っぽい女性が現われるなど、ポールの役立たずぶりが際立ちます。どうやら、あるモノたちは、ジェイにしか見えないようです。

 

ジェイは部屋で大男を見て、裸足で公園に逃げ出します。っていうか、真夜中の公園で一人でいる方が怖いと思うのですが! 

 

その夜は、なんとか友人の助けを借り、ジェイたちは朝からヒューを探すことになります。そして、探し当てたジェイの家。中はもぬけの殻、そして、写真などをヒントにヒューの正体に近づきます。ヒューの正体はジェフ・レドモンド。ジェイたちは、ジェフの家を訪れます。意外にもジェフは、素直に出てきて、ことの顛末を話し始めます。ここは意外過ぎてビックリ! 

 

ネタ元とすると、『リング』でしょうかね、恐怖の連鎖……それをアメリカ風にアレンジした感じといいますか……。

 

こうして一行は、友人グレッグの家の別荘に行くことになります……なぜ? アメリカの若者はなぜ、自ら危険な目に遭いに行くのでよう? 

 

すると予定通り、ジェイにしか見えない白い女が登場。しかし、他の者たちには見えないので、対処しようがないのです。そして、パニックになって一人で車を運転し、事故を起こしてしまいます。

 

ここからしばらく間の取り方が悪いせいか、無駄な場面ばかりが流れます。早送りでいいかも。しばらくして、向かいのグレッグが住む家にも、バケモノが現われるようになり、グレッグ死亡。恐怖に駆られたジェイはまた車で逃走? なぜか、一人で海辺へ。

 

なんだかずっと抽象的なシーンばかりで、正直、飽きてきます。その後、一行は誰もいないプールに忍び込み、バケモノをおびき寄せます。そして、ポルターガイスト現象。で、結局、その後も現象は続く~で、終了。

 

なぜか評論家から絶大な評価を受けていますが……時間返せ!