Mix Liberty

いろんなジャンルの話題を混ぜて自由に書かせてもらってます。少しでも皆さまの暇つぶしになれるよう一生懸命暇を潰していきますのでよろしくお願いします。ふらっと来て頂ければ幸いです。目に優しいグリーン系を基調としています。

ダンケルク

 

 

 過去、戦争映画で圧倒されたのは、スティーブン・スピルバーグの『プライベート・ライアン』だった。あの映画こそ、戦争映画に革命を与えた映画だと思う。その後、戦争映画はどんどんリアル路線に・・・・・・。

 

 では、本作『ダンケルク』はどうか・・・『プライベート・ライアン』のように視覚・音響によるリアル体験というよりも、人間の心、内面に入り込む恐ろしさを感じた。

 

 クリストファー・ノーランの映画は、ほぼ観ているが、本作も思わず「さすが!」と、唸ってしまった。しかし、何がスゴイか? それは、決して戦争映画としてではない。

 本作はある意味サスペンス映画、ミステリー映画の手法といえよう。

 

 1本の映画の中で、時間軸のズレた3つの物語が、最終地点で一つになるという離れ業をやり遂げてしまうのだ。

 

 一週間、一日、一時間・・・この3つの時間軸を交互に織り交ぜ、壮大な一つの物語にするという、とんでもない荒業をみ見事成し遂げている。

  そして、心地の悪い音楽が全編に流れ、観ているこちらも厭な気分になる。

 さらに、あまりのセリフの少なさに緊張感が高まる。確かに、実際に戦場の中で逃げ惑っていれば、話している余裕なんてないだろう。

 そして、戦争映画なのに、敵の姿が映されない。これもまた観ている者に恐怖を与える。まさに見えない相手と戦い、見えない相手から逃げるのだ。

 

 そして、逃げることが卑怯という風潮の中で、最後に「生き残って帰ってきただけでいい」という、男性のセリフに救われる。

 戦争は、生き残ることが勝利なのだ。

 

 とりあえず、戦争映画という括りだけではなく、脚本の見事さに圧巻された。